製品案内
HOME > 製品案内 > 勾配屋根改修工法

パラディエン40

特 長

ユナイトのアスファルトシングル葺き勾配屋根改修防水は、既存防水層と馴染みの良いアスファルト系防水材を被せ張りする工法です。

ユナイトシートは、アスファルトに樹脂を添加し、低温でも柔軟性を保ち、感温性の小さい製品に改質した進化形防水材です。

施工は、ベースコート(アスファルト系)で下地調整をした後に、トーチ密着工法と機械固定式工法を併用して改質アスファルトシートを被せ張りします。改質アスファルトシートの機械固定は、ユナイトが200万㎡の実績を誇る信頼の工法です。

既存防水層を生かす被せ張り工法は、撤去しないため防水工事中の降雨による漏水の危険が少なく、工期の短縮やコストの削減が可能になります。(軒先・ケラバは除く)

実例に見る改修防水

築20年のアスファルトシングル葺き防水の屋根は、経年劣化で漏水の危険性がありましたが、ユナイトの改質アスファルト改修防水でよみがえりました。

  • 1.改修前のアスファルトシングル屋根
  • 2.高圧洗浄
  • 3.軒先とケラバの撤去
  • 4.下地調整材「ベースコート」塗布
  • 5.ユナイト改質アスファルトシートのトーチ張り
  • 6.自動釘打機によるアンカー固定
  • 7.棟部の化粧張り
  • 8.仕上塗装
  • 9.完成

施工例

単層密着仕様

SVM-40L
SVM-40L
工 程 SVM-40L
下地修復 (別途)
ベースコート 1.5kg/㎡ (※1)
UV-40LG MFアンカー固定併用
仕上塗料
※1.ベースコートの塗布量は、下地の状態により、1.0kg~2.0kg/㎡の範囲で変動します。
※2.軒先・ケラバはテープVTで補強張りして下さい。

複層断熱仕様

SVU-40LAR
SVU-40LAR
工 程 SVM-40L
下地修復 (別途)
ベースコート 1.5kg/㎡ (※1)
ボンドSF 1.0kg/㎡
アキレスボードGF
UH-20A MFアンカー固定併用
UV-40LG
仕上塗料
※1.ベースコートの塗布量は、下地の状態により、1.0kg~2.0kg/㎡の範囲で変動します。
※2.軒先・ケラバはテープVTで補強張りして下さい。

勾配屋根用「欧風瓦屋根風3D防水シート」

クリーンLR画像 Icopal Rolled Tiles(IRT) 3D は、新築はもちろんシングル屋根の改修防水など、あらゆる勾配屋根に適したトーチ工法用改質アスファルトシートです。表層はセラミックグラニュールで保護されており、それらは画期的な3D 視覚効果技術により、美観性に優れ、立体感のある欧州瓦を再現しました。保護塗装の必要はありません。
カラーはクラシックグレーとロマンテラコッタ(ブラウン)の2種類をご用意しました。
カタログ・設計価格表ダウンロードはこちら

冊子でのカタログをご希望の方は、こちらよりご請求ください。